腰痛に悩まされる

86a5debe5ef33399960ce020e5464e76_s

わたしは、40代の主婦です。テレビを動かそうとしました。すると、次の日腰が痛くて仕方がありません。ぎっくり腰のような感じです。事務の仕事しているのですが、座って仕事をするのがつらいのです。立ったままだと、けっこう楽な感じです。病院に行って、シップをもらいました。あまりにもいたいので、会社を2日くらい休みました。腰が痛いと上を向いて寝ているのもけっこうつらいですね。昼間は、ほとんど立っている状態で、疲れたときはカウンターに体を前に寄りかかる感じでいます。座ることで一番痛みを感じるので、体を曲げるという行動はできるかぎりしないように気を付けました。今思えば、テレビを持った瞬間、腰がすとんと落ちるかんじです。最初は、信じられなくて無理して座ろうとしたのですが、激痛が走ったので、辞めました。今までこのような経験がないので、びっくりしています。病院では、電気を当てて、腰にさらしのような硬いものを巻いています。それをすると、腰のあたりが固定してあるので、楽になります。そして、シップを貼って、毎日取り換えている生活をしています。腰痛が治るまでに3か月くらいかかりました。40歳を過ぎているので、年のせいもあるのでしょう。無理な動きは禁物です。

クラシックバレエにおける腰痛

042c994ccff4dce46f10b3eb71836b68_s

私は幼少期から習い事でクラシックバレエを習っています。クラシックバレエには後ろに大きく反った振りや、足を後ろに上げる振りなどがあり、ダンスの中でも特に腰に負担のかかる踊りです。なので、腰痛とは付き合っていかなければならない怪我でした。ある日突如腰が曲げられなくなるほどの激痛が走り、病院へ行くと「ヘルニア」と診断されました。医師からはしばらく安静にしているよう言われましたが、コンクールを控えていた私に安静にしている時間はあまり残されておらず、通院しながらのレッスン。そのときの無理が後を引いているのか、腰痛が癖になってしまいました。

睡眠時、あおむけで寝ると腰が痛くて夜中に目を覚まし、立ち仕事をしていると足よりも腰の負担が大きく痛みを発症、今でもクラシックバレエを習っていますが、踊り方を間違えると、レッスン後に痛みが出ます。

以前ぎっくり腰を経験してから、腰痛を軽く見てはいけないと再認識し、生活の見直しをはかりました。

まずは座っているときの姿勢を正すこと。PCに向かうときやスマートフォンを操作するときなど、そうしても前かがみになってしまう傾向があるので、姿勢を正すよう意識をしました。また、むやみに腰の関節をならさないことや、お風呂に浸かって温まることで、腰痛が軽減しました。

腰の痛みはストレスにもつながり、精神的にもよろしくありません。軽症の場合でも自宅でできることを探すことが治療につながると思います。

私が腰痛になるなんて。

1b67e31a8672f4d65700b14167ea469e_s

私が腰痛になる3年ほど前の冬、一度ひどい膀胱炎を患いました。

クスリを色々変えても治らず1か月近くは痛みで寝たきりでした。いつもならすぐ最初の抗生剤で完治するのですが、その時は何を服用しても菌がなくならなかったのです。

それでも、1か月経つと菌はなくなりましたが、膀胱は痛いまま、その上、下半身が痛くてたまらず、特に腰の痛みはでっかい氷を当てられているような不快な痛みです。たぶん無菌性膀胱炎から来るのでしょうが、ひどくなると両足の関節までもが痛み出し、キッチンに立つこともできなくなりました。病院も替え先生の診断も色々仰ぎましたが、せいぜい赤外線照射や痛み止め注射やシップ位でほとんど状態は変わりません。

夏になると多少和らいで楽になりますが、冬、1月後半位からいつもひどい痛みです。あまり痛いと吐き気を催すほど。だからいつも使い捨てカイロをパンツの前と後ろに張り付けて生活しています。

こうしてワードを打つのもツライときがあり、精神的にも弱くなります。これからどんどん年齢を重ねていけばもっとひどくなるのだろうなあとネガティブなことしか考えられません。

それでも何とか自分自身でも努力せねばと思いウオーキングや寝ながらできる腰のひねり運動などをやりますが、症状が辛いときはそれもままなりません。漢方薬も猪苓湯なども服用しましたが、変わらずでした。あ~早く春が来ないかなあと切実に思います。今日も水仕事が辛いです。

車に乗りたくない……

5faaa39901ced4ee5c32b49325c17c22_s

私は現在28歳、男です。

体格は身長178cm、体重73キロです。

腰痛を感じたのは昨年の8月です。

腰痛になってしまった理由は現在勤めている会社での作業が原因でした。

会社は三交替の化学製品製造工場でマシンオペレーターをしています。

毎年夏場は設備全体の定期修理、定期検査の時期となり、通常業務であるモニターの監視以外に重量物の運搬(工場内の配管、バルブ、ポンプ等)をしたり、狭い場所、無理のある姿勢で作業を行ったりします。

期間的には約1ヵ月位上記のような作業を行います。

その為、腰に無理がかかってしまい腰痛となってしまいました。

通常生活にも少し支障が出ました。子供を抱っこしたり、家事全般がとても大変に思いました。

その中でも特に辛かった事が車の運転、更には車の乗り降りです。

車に乗る際、上半身を少し屈めると思うのですが、その際とても腰が痛く、痛い思いをしてようやく車に乗りますが運転中も長い時間となるととても腰が辛く、車を降りる際にも乗る時と同様とても辛く大変でした。

改善する為にインターネットで腰痛改善の体操等を調べて実際に行っていましたが、継続してやらないと行けないとは思うのですが、三交替等でなかなか継続する事が出来ず、腰痛から来たと思われる坐骨神経痛になってしまいました。

こちらに関しては腰を曲げると右の太ももから右のお尻にかけての部分がつったような状態になりとても痛くなります。

直立した状態からつま先を触ろうと腰を曲げると指先が膝に届く位でもう、痛くてしょうがない位となってしまいました。

今後は重量物運転や無理な体勢での作業などは作業前に準備運動を行ってから無理をしないように作業していきたいと思います。

トマトで健康に

314279757b8931ce40deb6f7920bb9e5_s

27歳、既婚の女性です。
私は毎日健康のために(基本1食ですが多くて1日2食)トマトを食べています。
子供の頃からトマトは大好きでしたが、とある健康情報を扱うテレビ番組で、食事はサラダから食べると消化やダイエットに良い、ということを言っていた延長で、トマトは身体に良いと発信していました。
美白・美肌効果や血液をサラサラにし、体調を整えてくれる効果があるとのこと。
実家住まいの頃から毎日食べていましたが、結婚して嫁いだ先でも毎日欠かさずトマトを食べ続けています。
食べ方は、真夏にそのまま丸かじり、ということもありますが、私のお気に入りは一口サイズにカットして、ハーブソルトとオリーブオイルをかける食べ方です。
市販のドレッシングをかけている時期もありましたが、今では専らこの方法で毎日食しています。
シンプルながらしっかり味もあって不思議となかなか飽きないのです。
時々、パクチーとにんにくみじん切りを入れてタイ風にしてみたり、唐辛子とにんにくとアンチョビでペペロンチーノの様なイタリアン風にしたりと、トマトは合わせる食材によって顔を変えるのでアレンジし放題です。
トマトを毎日食べているおかげか、年齢より若く見られますし「肌が綺麗!」とよく褒められます。
血液サラサラの効果もあるのか、食べ始めてからは風邪も引かなくなりました。
これからもトマトを食べ続けて健康でいたいと思います。

慢性的な腰痛・・・

5faaa39901ced4ee5c32b49325c17c22_s

私は40代の男性なのですが、私はいつの頃からか腰痛に悩まされており、湿布が欠かせません。

腰痛になるのは姿勢の悪さと背骨の歪み、腹筋が衰えたためにその分背筋に負担がかかり腰痛になると聞いたので腹筋運動をしたり、背骨を真っ直ぐにするストレッチなどをやってはいるのですがなかなか効果が得られず、湿布に頼る毎日です。

湿布も毎日同じ所に貼っていると肌が荒れて痛くなってきて、ついには貼れなくなってしまいます。

たまにギックリ腰の様な状態になってしまい、そうなると立つのも一苦労の様な状態になってしまい本当に困っています。

腰が痛いとなんだかピシッとした感じで直立に立つのがシンドイですし、どうしても腰をかばって猫背気味になってしまい、姿勢が悪くなりまた腰に負担がかかり腰痛が悪化するという悪循環なのです。

洗面所で少し腰をかがめて水道の蛇口を捻ろうとしただけで腰に痛みが走りますし、あまり腰に負担をかけてぎっくり腰にでもなったら大事(おおごと)なので日常生活もかなり気を使って送らなければなりませんし、腰の痛みとおさらばするには細心の注意を払って生活しなければならず、かなり面倒くさいのですが少し痛みが和らぐとまた悪い姿勢のまま過ごすなどの悪い生活習慣が顔を出してきてしまうこの私の「喉元過ぎれば熱さを忘れる」性格が呪わしいです。

私が健康のために毎日食べているもの

a97b2f9861274f74cae075cbd5fbaf75_s

私は健康のために毎日食べている物があります。それはヨーグルトです。

以前勤めていた職場は泊まりを伴う長い勤務が多かったのですが、私は長時間の勤務になかなか慣れることができず、頻繁に胃腸やお腹を壊していました。

そんな中、いつも体調が良さそうな女性の先輩が居たので、体調管理で気を付けている事を聞いてみたのです。すると先輩は、毎日欠かさずヨーグルトを食べているので、もしかしたらそのおかげかもしれないと教えて食えれました。

ヨーグルトであればどこでも買うことができるし、職場で食べることもできると思い、私は次の日から1日1個のヨーグルトを食べ始めました。特に同じものを買い続けた訳でもないし、最初は特に劇的な変化があった訳ではありませんでしたが、2か月後くらいには、お腹を壊さなくなったと感じるようになりました。


それまで健康な食事といえば、野菜の皮を煮た出汁で作るスープであったり、ミキサーで作るスムージーなど、どこか面倒なものが多く、毎日続けるのは無理そうだと思っていましたが、ヨーグルトを食べ始めてから意識が変わりました。

ヨーグルトに限らず、健康のために食べ続けるということは、自分に無理のない範囲で、続けられそうな事を続けていくことが重要なのだと思います。
今では長時間の勤務に就く事はなくなった私ですが、ヨーグルトだけは今でも欠かさず毎日食べ続けています。

特製の食用酢を使って健康管理は万全

2e3e43f04dd6572f85afa411aa314a1a_s

健康に気遣う毎日の55歳の男性です。

肥満が日常化したので、周囲からも勧められて自分に出来るダイエット方法として考え抜きました。

自身で作製した特用酢を愛用しています。これは一時注目されていた黒酢などの、特定の消費者を目的とした商品とは異なり、一般の商店で手に入る市販品に手を加えただけの物です。

調理方法は至って簡単。米酢に砂糖(できれば三温糖)・みりん・日本酒(できれば純米酒)を加えてよく溶かし、液体の和風だし(無ければ粉末でも可)で味を調えるというシンプルな物です。敢えて計量はしません。その日の体調等によって味付けを変えていることもありますから。サラダに使うときにはさらに粒の黒コショウをミル(安い品で十分)で挽いて風味を足したり、レモンスライスを添えたりの工夫もしています。

毎日一度は必ず口にするように心掛けています。外出等で摂取できないこともありますが、就寝前に作り置きしているサラダ(後述)の液体だけでも口にするように努力しています。

特製酢を摂取することにより、体調が安定しています。高目めだった血圧も上下とも正常に保たれていて安心できるようになりました。

肝臓や腎臓の調子も見違えるほどです。本当にやって良かったですね。従来は酢は敬遠がちで、積極的に摂るのは好物の寿司くらいでしたが、現在では口にしないと逆に不安に思えるようになったほどです。

特製酢は万能酢とも命名し、健康の不安を口にしている人の話を耳にするうと、使い捨ての保存が出来る小瓶に小分けして勧めています。

とても評判が良いので嬉しいですね。前述のサラダは玉ねぎを多用しているので、酢漬けの感覚で食しているのですが、あの刺激的な辛口が和らいでとても美味な物になっています。

私は小魚が格安で手に入る時はフライにしてピーマン・ニンジン・セロリなども加えてマリネにしています。三日目くらいから味が格段に良くなり、お裾分けの度ごとに称賛されています。

味付けを少し変えると寿司飯にも応用できるので、わが家の冷蔵庫には小瓶に入れられた特製酢が常備されています。

作り方は簡単なので、どなたにもお勧めしたいですね。酒飲みの私が節酒(事実上の断酒)できるのも、体調の維持がこの特製酢によるものだと自負しています。

腰痛とは一生付き合う覚悟の毎日

13b3367a4dd8886bb06de481db7e1744_s

肥満体質が気になる、55歳の男性です。

肥満によることが主因だと思いますが、若い時に無理をして働いて身体に異状を来たしたことも原因の一つだと思っています。

生活のため、様々な仕事に就いたのですが、内容を考慮しなかったことがいけないという点も確かにありました。

交替制だったので終業時間が事実上半分だったことは救いですが、腰を一定方向のみにひねるというのは実にきつかったです。

しかも流れ作業でしたので、自分に出来ることはラインが点検やその他の理由で停止している間に反対方向へ体を回すことと、出来得る限り身体を休ませるということだけでした。

の仕事も腰の激痛に見舞われて離職せざるをなくなりましたが。このようなことの繰り返しでしたね。

現在やっている施術は自己流の体操とウォーキングが主です。

特に体操は試行錯誤の末に編み出したものですが、特に定まった型ということは意識していません。要は効きそうなことは積極的にやっています。

体が温まって、腰が少し常とは違う痛み方をしてくれば、それが現在の私流の効果の目安となっています。階段も膝に過度の負担がかからないように、ゆっくりとできるだけ高目に掲げて昇ることを心掛けています。

以前のような激痛に襲われることはもうありませんが、体調が悪い時や疲労が蓄積すると思い出したように腰が重く、痛くなりだしますね。

以前は銭湯の電気風呂に行くのが少ない楽しみの一つでした。筋肉の収縮が心地良く、血流が神経の隅々まで浸透する感じでした。

あれこれ試してみた結果、結論としては身体を休ませる、ということに気付きました。現在の生活水準に感謝しています。それほど以前は苦しいものでしたよ。

体調が良くなったことは一番は食生活の改善によるものだと思っています。二番目は断酒。三番目は前述の体操とウォーキングですか。

現在一番腰痛を感じるのは寝起きの時です。じっくりと身体をほぐしていると、それに比して腰痛も治まってきます。じつにありがたいですね。

将来を悲観していた、あの時代の暗い気落ちも雲散霧消しました。良い思い出となるのにはまだまだ時間が必要でしょうでしょうけれども。

1日1粒おばあちゃんの梅干し

a353ef2318f260f7bf77a464b418fff2_s

30歳の女、最近結婚して主婦になりました。

仕事は建設現場で事務員をしています。

私が健康のために食べているものは「梅干し」です。

幼少期から毎朝食べ続けています。

食べ始めたキッカケは母親に「体の調子を整えるために食べなさい」という言葉を言われたことでした。

体の調子が整うからと言われて、具体的な効果については分かりませんでした。

しかも食べる梅干しは祖母が毎年自分で漬ける特製のもの。添加物等入っていないものです。

朝ごはんの最後にその梅干しを一つ食べます。

中学時代から部活が始まると、土日の練習試合や大会の時のお弁当にも必ず梅干しが入っていました。

高校時代は毎日お弁当で、そこにも必ず梅干しが入っていました。

大学生になると朝ごはんを食べることもなくなりました。

その分、夜に梅干しを食べるようにして毎日必ず、どこかのタイミングで梅干しを取るようにしています。

それは社会人になった今も続けています。

梅干しのおかげか、今まで大きな病気をしたことがありません。また熱もほとんど出さなくなりました。

学校生活、ほとんど欠席したこともありません。

会社も病欠で休んだことありません。

毎日健康的に過ごせるのは、おばあちゃんの梅干しのおかげだと思います。